節分の豆まきの由来とやり方は?絵本で子供にも説明できる!

節分の豆まき

こんにちは、ママえほん管理人マヅメミユキです。

2月3日は節分。節分といえば豆まきですね。
保育園や幼稚園、小学校の行事にも取り入れられていることの多い豆まき。
お家でされる方も多いのではないでしょうか。
でも、節分の由来や、なぜ豆まきをするの?と聞かれると・・・ハテ?なんだろう?

というわけで、今回は節分の豆まきの由来や、豆まきの基本的なやり方をお伝えします。
豆まきをテーマにしたおすすめ絵本も紹介しています。

節分の由来は?

節分の豆

節分とは、「季ける」ことを意味しています。
昔の日本では立春を新しい1年の始まりの日としていたので、その前日にあたる節分の日に厄災を払い清め、無病息災を祈るため、鬼を豆で追い払い福を呼ぶ行事になったと言われています。

 

なぜ豆をまくの?

一説によると『昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できた』という話から、」(魔目=まめ)に豆を投げつけてする」(魔滅=まめ)という意味があるそうです。

また、豆まきには炒った大豆を使いますが、これはる=る」という意味があったり、撒いた豆から芽が出ると縁起が悪いからという理由があるそうです。

 

なぜ豆を食べるの?

ひとつには鬼を封じ込めた豆を食べることで鬼退治をするという意味があります。
また、福豆(豆まき用に炒って清めた豆)を食べることで自分の中にいる鬼を退治するという意味もあるそうです。

 

豆まきの基本的なやり方

豆まきのやり方は地域によって様々ですが、ここでは基本的なやり方をご紹介します。

豆まき

 

福豆を準備する

福豆(豆まき用の豆)は節分の前日までに用意し、枡か豆まき用の器に入れて神棚にお供えします。
神棚がない場合は、タンスの上など目線より高い位置に白い紙を敷いてお供えします。
福豆は炒った大豆を使いますが、市販のものはすでに炒ってあるのでそのままで大丈夫です。

 

豆まきは節分の夜にする

鬼は夜出るものということで、豆まきは節分の日の夕方から夜にかけて行います。

 

豆をまくのは一家の主人か年男

昔ながらのやり方では、鬼を払う役目は家長かその年の年男の役目でした。
また、本来鬼役は必要ありません。
ですが、家庭で行う場合はしきたりにとらわれず、家族みんなで仲良く豆まきをするのも良いですね。
お父さんが鬼の役で、お母さんと子供たちで追い払うというお家も多いはず。

 

豆まきは家の奥から始める

豆まきを始めるときは、まず鬼が出ていけるように家のドアや窓を開けます。
そして、家の奥の方から始めます。
「鬼は外」と言いながら外に向かって豆をまき、その場所の窓やドアはすぐに閉めて鬼が戻ってこないようにします。
次に「福は内」と言いながら家の中に豆をまきます。
これを玄関に向かって順番に行い、最後は玄関に豆まきをして完了です。

 

豆は下から投げる

豆をまくとき、鬼をやっつけようとついつい上から勢い良く投げてしまいますが、本来は手の平を上に向け下から上に向かって投げるのが正しいまき方です。

 

年の数だけ豆を食べる

豆まきが終わったら、撒いた豆を拾い集めて年の数だけ豆を食べます。
満年齢より1つ多く食べることで新しい年を元気に過ごせると言われています。

 

小さい子供の誤飲に要注意!

特に3歳以下の子供の場合、豆が喉に詰まったり、気管に入ってしまって誤嚥性肺炎になる危険があります。
福豆を食べさせるときは
「歯が奥歯まで生え揃っているか?」
「よく噛んで食べられるか?」
を見極めて判断するようにしましょう。

また、大豆やピーナツアレルギーの心配がある場合は食べさせないようにしましょう。

 

豆まきをテーマにしたおすすめ絵本

節分の由来や、豆まきの楽しさを描いた絵本を紹介します。
親子で一緒に読んで、節分気分を盛り上げましょう!

 

まめのかぞえうた

作: 西内 ミナミ./ 絵: 和歌山 静子
おすすめ年齢:1歳くらい〜
丸くて可愛い豆が「ひとーつ」「ふたーつ」と増えながら成長していきます。
かぞえうたというタイトルの通り、節をつけながらリズミカルに読みたい絵本です。

 

ちいちゃんとまめまき

作・絵: しみず みちを
おすすめ年齢:2歳くらい〜
小さな女の子ちいちゃんが犬のころちゃん、猫のみいちゃんと一緒に鬼のお面を作って、豆まきの真似事をして遊ぶ様子が楽しく描かれています。

 

おにはうち!

作:中川 ひろたか / 絵:村上 康成
おすすめ年齢:3歳くらい〜
人気の「ピーマン村の絵本」シリーズ。保育園にやってきた「にお君」との心温まるお話。
節分に豆まきをする由来なども盛り込まれています。

 

ふくはうちおにもうち

作: 内田 麟太郎 / 絵: 山本 孝
おすすめ年齢:3歳くらい〜
鬼と福の神がどんちゃん騒ぎ?!賑やかでユーモアたっぷりの節分絵本。
親子一緒に読んで笑って楽しくなれる1冊です。

 

おなかのなかにおにがいる

作: 小沢孝子 / 絵: 西村 達馬
おすすめ年齢:4歳くらい〜
お腹の中に鬼が住んでいて、鬼とお腹の持ち主は同じように面倒臭がりや食いしん坊や泣き虫。それを豆まきで追い払おうとするのですが・・・豆まきをする前におすすめの絵本です。

 

ねこまるせんせいとせつぶん

作: 押川 理佐./ 絵: 渡辺 有一
おすすめ年齢:4歳くらい〜
幼稚園のねこまる先生と生徒が不思議な節分を体験するお話。ファンタジックなストーリーの中にも節分の由来がしっかりと盛り込まれています。

 

せつぶんだまめまきだ

作: 桜井信夫 / 絵: 赤坂 三好
おすすめ年齢:5歳くらい〜
節分の由来や風習がよくわかる絵本。子供はもちろん大人も「へー、なるほど」と学ぶことが多くおすすめです。

 

まとめ

というわけで、今回は節分の由来や、豆まきのやり方についてお伝えしました。
豆まきのやり方は、地域はもちろん家庭ごとに様々ですので、「我が家流」にアレンジして家族みんなで楽しくやるのが一番かと思います。
笑う門には福来るといいますからね♪
豆と笑顔で悪い鬼を追い払って、たくさんの福を呼び込んでくださいね。