簡単!よく飛ぶ!紙飛行機の作り方がわかる絵本『かみひこうき』

 

簡単!よく飛ぶ!紙飛行機の遊び方・作り方

 

もうすぐ4歳になる我が家の息子。
アン◯ンマンをこよなく愛し、その影響かマントや翼のあるものや空飛ぶものに強い憧れている彼が今最もハマっている遊びが、紙ひこうき。
実家に帰省した際に、祖父母が作ってくれた紙ひこうきにいたく感激したようで、以来、紙を見つけると紙ひこうきを作って飛ばして遊んでいます。

はじめの頃は自分で折ることができず、私が作っていたのですが、ある絵本を読んでからメキメキと上達して、最近では作るのも飛ばすのもすっかり上手になって楽しんでいます。

その絵本とは・・・?
後半でご紹介しますね。お楽しみに。

 

紙ひこうきは頭と身体の発達に役立つ遊び

紙ひこうき遊びのイラスト

紙ひこうきは、紙を折って飛ばすといういたってシンプルな遊び。
ですが、息子が遊ぶ様子を観察したり、私自身も一緒に遊んでみると、その驚くべき効果に気づいたのです。
というのは、紙ひこうきを作って飛ばすという遊びの中には、子供の(大人も)頭と身体両方の発達に働きかける要素がいくつもあるのです。

 

折る → 集中力と手先の感覚を養う

まず、紙ひこうきを作る時。
紙の折り方を覚えるために観察し、折る順番を記憶します。
紙ひこうきは基本的には紙を二つ折りにして中心線を決め、左右対称に折って作りますが、角を合わせて折る、中心に合わせて折る、という作業は集中力を使いますし、手先の感覚を養います。

 

飛ばす → 腕・肩を中心とした全身運動

次に、紙ひこうきを飛ばす時。
紙ひこうきを飛ばす時の動きをイメージしてみると、ちょうど野球のピッチャーがボールを投げる時のような感じです。
特に子供の場合、大人ほど腕力がないので、全身の力を使って飛ばすことになります。
また、飛ばした紙ひこうきを目で追うことで動体視力も使います。
飛ばしては拾い、また飛ばす。この繰り返しをする事で結構な運動量になります。

 

調整する → 考える力を養う

紙ひこうきは紙質や折り方、投げ方で飛んだり飛ばなかったりします。
「やった!飛んだ!」という達成感はもちろん、「どうして飛ばなかったんだろう?」と考えることは、脳に良い刺激を与えます。
そして、「こうしたらもっと飛ぶかも」と工夫したり調整することで、考える力が養われます。

 

 

紙ひこうきを安全に楽しむためのルール

安全に楽しく遊ぶために

 

誰でも楽しめて、お金もほとんどかからず、遊ぶ場所もあまり選ばない紙ひこうき遊び。
安全に楽しく遊ぶためのポイントがいくつかあります。
子供達と遊ぶ前に「大切なルール(おやくそく)」として話し合っておくようにしましょう。

 

人に向かって飛ばさない

紙でできているとはいえ、先端はそれなりの硬さになるので目に当たると危険です。
また、紙のフチで皮膚を切る恐れもあるので、飛ばす時は必ず人のいない方向に向かって飛ばすようにしましょう。

 

火や危険物のそばで飛ばさない

紙ひこうきは予想外の動きをしますし、勢いよく飛んでいると想像以上の破壊力があります。
冬場はストーブのような火を使った暖房器具などに気をつけましょう。
また、食器や花瓶などの割れ物はあらかじめ片付けておいた方が安全です。

 

何でもかんでも飛行機にしない

これは我が家での失敗談なのですが・・・
紙ひこうき遊びが楽しいあまり、紙を見ると何でもかんでも折ってしまい、「あー!それは大事な書類なのに!!!」ということが何度かありました。
そこで我が家では、
紙ひこうきを作りたい時は必ず「これは飛行機にしていい紙ですか?」と聞きましょう
というルールを作りました。

 

紙ひこうき好きにおすすめの絵本

それでは、冒頭で少しお話した絵本を紹介します。
我が家の息子も気に入っていて、私もお気に入りの一冊です。

かみひこうき

かみひこうき (かがくのとも絵本)

作/小林 実
絵/林 明子

 

おすすめポイント

この絵本の良いところは、3歳くらいの子供にもわかりやすく、それでいて紙ひこうき遊びのポイントがしっかりと押さえられているところです。

本の中には基本となる2種類の折り方が紹介されているのですが、それぞれの飛び方の特徴や、応用的な遊び方、調整の仕方なども書かれています。
紙ひこうき遊びの入門書のような内容でありながら、簡潔でわかりやすい言葉と丁寧な絵で、絵本らしさを失っていないところも魅力的です。

何より嬉しいのが、この絵本のとおりに作って見ると、本当になかなかよく飛ぶ紙ひこうきが作れるのです。

子供はもちろん、大人も「へぇー!面白そう!紙ひこうき作ってみよう」とその気になること間違いありません。

 

今日の締め

というわけで、今回は紙ひこうき遊びと、紙ひこうきにちなんだおすすめ絵本の紹介でした。

自分が作った紙ひこうきがスイーッと飛んで行く様子を見るのは、なんとも言えない喜びがあります。
小さな子供から大人まで、みんなで楽しめる紙ひこうき遊び。ぜひ親子で一緒に楽しんでくださいね。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です