冬の子供の寝冷え対策、気をつけたいポイントとおすすめアイテム

こんにちは、ママえほん管理人マヅメミユキです。

冬場の子供の健康管理、気を使いますよね。
そんな中、多くの親御さんを悩ませるのが子供の寝相の悪さ。
夜中にふと気がつくと布団から飛び出していて、「あぁ、寝冷えしちゃう!」と慌てて布団をかける・・・我が家でも毎日のように行われています。

今回は、そんな子供の寝冷え対策で気をつけたいポイントや、おすすめアイテムについてお伝えします。

子供の寝相の悪さは直せない

赤ちゃんのうちは寝返りを打って多少転がる程度だった子供も、1歳をすぎると徐々に動く範囲が大きくなり、やがて回転技やパンチやキック、ママの枕を乗っ取る、部屋の隅まで大移動・・・など、フリーダムを極めます。
おかげで親の方が寝不足なんてこともよくあるのですが、そもそも子供の寝相の悪さは直せるのでしょうか?

答えは、残念ながらNO。

というか、むしろ寝相が悪いのは良いことなのだとか。

寝相の悪さは熟睡の証

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があるのですが、ノンレム睡眠の中でも更に深い眠りの徐波睡眠というものがあります。
子供はこの徐波睡眠の時間が大人に比べて長いといわれています。
徐波睡眠の間は大脳が深い休息に入るので、体の位置や姿勢を認識できなくなります。
つまり、寝相の悪さは熟睡の証拠でもあるのですね。

成長ホルモンの分泌が盛ん

寝る子は育つというように、睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは体の深部体温が下がっている時の方が分泌されやすくなるので、子供の体は放熱して深部体温を下げようとします。
そのため布団の中に熱と発汗による湿気がこもるので、快適な寝場所を求めて寝返りや移動が激しくなります。

寝返りで体の歪みをほぐしている

同じ姿勢でじっとしていると、血行不良になり筋肉が凝り固まったり、関節に歪みが生じます。
寝返りをすることでコリや歪みを防ぎ、筋肉や骨格が健やかに育つのを助けます。

夢を見ると寝返りも増える

子供は熟睡度が深い一方、浅い睡眠の割合も大人に比べ多く、浅い眠りの時には夢を見て手足が同時に動いてしまったり、寝言を言ったりします。
夢を見ることで、1日の出来事や体験したことを脳にインプットしたり、感情の整理をして心と頭も成長をしているのですね。

寝冷え対策で気をつけたいポイント

子供が寝相が悪いのは仕方ない・・・とはいえ、寝冷えするのは心配ですよね。
激しく動き回っても寝冷えさせないためにはどんなことに気をつけたら良いのでしょう?

厚着させない

子供は大人に比べて体温が高く暑がりで汗っかき。
冬場でもパジャマは通気性と吸汗性の良いものを選びます。
肌着を着る場合も、綿素材などの薄手のもので十分です。
靴下を履くと体温調節の妨げになるので、寝るときは素足にしましょう。

部屋の空気は50〜60%に保湿する

部屋が乾燥していると、喉や鼻の粘膜を痛めやすくなり、風邪などの感染症にかかりやすくなります。
冬場の風邪やインフルエンザの元になる最近やウイルスは乾燥した空気を好むので、部屋を適度に加湿することで病原菌の増殖を抑える効果もあります。

布団は軽いものを選ぶ

重い布団や毛布は寝苦しさの原因に。
羽毛布団やフェイクフェザーなどの軽い素材で吸湿発散性に優れたものを選びます。
また、ケット類もガーゼケットやマイクロフリースのような軽く肌触りの良いものがおすすめ。
少し大きめのサイズにすると、子供が布団からはみ出るのを防げます。

寝冷え対策におすすめのアイテム

どう頑張っても布団からはみ出してしまうのは仕方ありません。
ならばせめて、布団からはみ出しても大丈夫なようにしてあげましょう。

スリーパー

子供の肩や背中を冷えから守ってくれるスリーパー。
フリースやジャージなど、素材も形も様々ありますが、おすすめは断然六重ガーゼ。
熱がこもりすぎず、吸汗性にも優れています。また、肌触りが優しいので新生児にも安心ですし、使うほどに柔らかくなるのも魅力的。
肩と両サイドが開くタイプだと寝ている子供にも脱ぎ着させやすくおすすめです。
我が家で使っているのはこちら↓

腹巻き

免疫力の要であるお腹を守る腹巻きは寝冷え対策の心強い味方です。
お腹が丸出しになるのも防げます。スリーパーと併用するなら、肌着と同じような薄手の素材で十分です。

肩掛け(ママ向け)

子供が小さいうちは添い寝しているママも多いかと思います。
子供の寝相が激しいと布団もはだけやすく、特に肩や背中が冷えて肩こりや睡眠不足の原因に。
首〜肩〜背中を温めてくれる、おやすみ用肩掛けはママの寝冷え対策におすすめです。
夜間授乳の時にも重宝しますよ。
私はこんなの使っています↓

睡眠中の暖房は基本的に不要

布団からはみ出している子供を見ると、部屋を暖かくしておいた方がいいのかな?って思いますよね。
ですが、よほどの寒冷地でない限り睡眠中の暖房は不要です。
部屋が暖かすぎると寝つきが悪くなったり、寝汗をかいて逆に寝冷えをしてしまいます。
布団が冷たくて寝づらそうにするときは、添い寝で温めてあげたり、タイマーを利用すると良いですよ。

 

 

冬の寝かしつけにおすすめの絵本

寝かしつけ前に絵本タイムを作ることで、子供の心をリラックスさせ、安眠に導いてくれます。
寒い季節にぴったりの、心も体もぬくぬくほっこりする絵本を紹介します。

0〜1歳の赤ちゃんのおやすみ前に

『もうねんね・・・』

1〜2歳の子供のおやすみ前に

『おふとんかけたら』

『おやすみなさいおつきさま』

3〜4歳の子供のおやすみ前に

『みんなでぬくぬく』

4歳〜の子供のおやすみ前に

『かさじぞう』

 

こちらの記事で紹介した絵本もおすすめです

 

まとめ

というわけで、今回は冬の子供の寝冷え対策についてお伝えしました。
子供の寝相の悪さは元気に成長している証!と諦めて(?)子供が布団からはみ出ても大丈夫なように適度な保温と、安眠できる環境を整えてあげてください。
子供達もママもパパも、家族みんなが快適な眠りで元気な毎日を過ごせますように。