絵本のある子育ての5つのメリットとは?年齢別おすすめ絵本はコレ!

こんにちは、ママえほん管理人のマヅメミユキです。

当サイトは、「絵本のある子育てで親子時間をもっと豊かに」をキャッチコピーにしています。
そこで今回は、絵本が親子関係にどんな良い影響を与えてくれるのか、絵本を取り入れることで子育てがどんな風に楽しくハッピーなものになるのかを解説してみたいと思います。

 

絵本のある子育ての5つのメリット

メリット1:親子の良いコミュニケーションとなり絆を深める

親子で一緒に絵本を読むと、同じ世界観を分かち合うことで、親子の心が通じ合いやすくなると言われています。
また、小さな子どもにとって読み聞かせの時間は、絵本を楽しむだけでなく、お母さんやお父さんの優しい声や温もりに包まれ愛情を肌で感じられるときでもあります。
こうしたコミュニケーションの積み重ねが親子の絆を深めるのですね。

 

メリット2:子どもの心の成長や能力の発達を感じられる

一緒に絵本を読んでいると、子どもの成長を実感する場面が多々あります。
絵を見てそのものの名前を言えるようになったり、ストーリーを理解できるようになったり、登場人物に共感するようになったり、自分で読めるようになったり・・・
「うちの子成長したなぁ」という実感が得られるのは、親にとっては何より嬉しいことですし、子育てへの自信にもつながりますよね。
子ども自身も自分の成長を感じることで、次のステップへ進む力が生まれます。

 

メリット3:生活の規則正しいリズムが身につく

お昼寝前や、食事やおやつの後、夜のおやすみ前など、1日のうちで決まった時間に「絵本タイム」をもうけることで、日々の生活のリズムが身についてきます。
特に夜のおやすみ前の「絵本タイム」は習慣づけることで、子どもの入眠を促し眠りの質を高めます。寝かしつけが楽になれば、お母さんやお父さんも嬉しいですよね。

 

メリット4:子育て中の「困った」を助けてくれる

寝かしつけ、イヤイヤ期、トイレトレーニング、食べ物の好き嫌い、お友達との関わり方などなど、子育てに悩みはつきませんよね。
そんな時、絵本を上手に取り入れることで子どもの心に良い変化をもたらし、「困った」を解消する助けになります。
また、絵本には子育てや仕事にちょっと疲れた大人の心も和ませてくれるパワーがあるんです。

 

メリット5:子どものテレビ・ゲーム・スマホ依存を防ぐ

テレビやゲーム、パソコン、スマホなどのデジタル依存を防ぐために、アナログな楽しみを与えるという方法があります。
絵本は視覚だけでなく、紙の手触りや匂いなど五感をフル活用して楽しむもの。まさにアナログな楽しみですよね。
デジタル機器に触れる前の赤ちゃん時代から絵本の世界の楽しさを知ることで、デジタル依存を防げるのではないでしょうか。
育児アプリに頼りがちなお母さんお父さんも、絵本の存在をぜひ思い出してください。

 

ママえほん厳選!子どもの年齢別おすすめ絵本

ベストセラーの絵本の中から、赤ちゃんから7歳までの年齢別におすすめ絵本を3冊ずつピックアップしてみました。
ほとんどがミリオンセラーの名作中の名作絵本なので、懐かしのあの絵本もあるかもしれません。
大人の皆さんも読めばきっと絵本の魅力にハマると思いますよ。

※年齢は目安なので、子どもが気に入れば、違う年齢向けの絵本を読んでもOK

 

0歳〜1歳におすすめの絵本

ファーストブックにピッタリ。色や形、音の響きを楽しむ絵本。

 

1歳〜2歳におすすめの絵本

おしゃべりが始まった子どもたちにおすすめの絵本。

 

2歳〜3歳におすすめの絵本

自分を表現するようになった子どもたちにおすすめの絵本。

 

3歳〜4歳におすすめの絵本

いよいよ物語の世界へ。楽しくわかりやすいストーリーの絵本。

 

4歳〜5歳におすすめの絵本

物語を通じて色んな感情や世界観を分かち合える絵本。

 

5歳〜6歳におすすめの絵本

想像力をかきたて、知識の幅を広げる絵本。

 

6歳〜7歳におすすめの絵本

メッセージ性のある物語で考える力を育てる絵本。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

「よーし、今日から絵本読んでみるか」なんて思っていただけたら、とっても嬉しいです。
絵本のある子育てで、みなさんの親子時間がもっともっともっと豊かになりますように!